というわけで For this reason

とりあえず 楽しまなけりゃ 馬鹿らしい。

『教場』のキムタクがマジで良くてちょ待てよ

 

グランメゾン東京』が最終回を迎えてキムタクロスになっていた俺に、1月4日、5日に木村拓哉主演で『教場』というドラマが放送されるというニュースが入った。早速録画予約。

 

それで、前後編一気に見たんですけど、これめっちゃ良かったっす。フジテレビでキムタクで警察官っつたら、キムタク演じる茶髪で型破りでカッコいい主人公が頭でっかちな組織の中で活躍し、徐々に賛同する仲間を増やし、最初は嫌いあっていた女性と恋に落ちたりしてカッコ良くエンディング。っていう幼児でもかけそうなテンプレドラマを想像するじゃないですか。全然違ったんだなこれが。

 

キムタク演じる冷徹な教官は白髪、義眼姿でもう圧倒的な存在感。格闘ゲームなら絶対こいつ使う。というかキムタク主演なのに、あまりキムタクが出ないドラマ。キムタクが『闇金ウシジマくん』における丑嶋みたいな、いわゆる狂言回しなんです。

 

で、全体のノリがずっしり重い。締めのラーメンの天下一品ぐらい重い。担当する生徒たちひとりひとりが何かしらの秘密というか闇を抱えてたりして、それをキムタクが抜群の洞察力で見抜く。生徒の気持ちに感情移入して、なんか自分の秘密がキムタクに暴かれていくみたいで心がヒリヒリする感じを味わった。

 

あと味方良介さん上手でしたね。テレビ初らしいね。頑張って下さい。

 

キムタクって意外と空気なとこあるんでキムタク以外の共演者を活かすのがうまいと思うんですよね。ほら、キムタクってマジ『キムタク』じゃないですか。キムタク自身がキムタクを演じているというか、キムタク自身は何も演じていないただのキムタクがキムタクの演技っていうか。キムタクが空気になり、その空気になったキムタクを他の役者が吸うことでキムタクのキムタク加減がいい塩梅になってるんでしょうね。はい、お薬飲んできます。あけおめ!!